ニキビで取りたい食べ物:ビタミン編

ニキビケアに良い食べ物

ニキビケアのためには積極的に取るべき食べ物もあります。
それが抗菌作用を持つ食べ物と、新陳代謝を良くする食べ物などです。
ニキビを治したり、お肌を健康にするために日頃から取りたい食べ物、特にビタミン類を紹介していきます。
ビタミンはニキビだけでなく、お肌のために必要不可欠な成分ばかりです。

ビタミンCはスキンケアに不可欠

ビタミンCはスキンケアやエイジングケアで欠かせない美容成分です。
新陳代謝をサポートする栄養素として、真皮の中のハリ肌成分コラーゲンの合成にも深く関わっています。
また強い抗酸化力を持つために、アンチエイジングでも大活躍。
美白ではメラニン色素を抑制してくれますし、シミの分解などでも活躍してくれます。
しかも体内で合成することができない栄養素で、水溶性で溜め込むことも出来ないため、積極的に補給してあげる必要があります。
不足しがちな場合はサプリメントで補給してあげましょう。

ビタミンCが多い食べ物

レモン、イチゴ、パイナップル、アセロラ、ミカン、キウイ、グレープフルーツ、パパイア、ブロッコリー、キャベツ、小松菜、ほうれん草、など

ビタミンB2で皮脂を抑制

ビタミンB2は脂質の代謝を促進し、皮脂の分泌を抑制する栄養成分です。
ニキビだけでなくダイエットにも効果的で、美しい肌や髪、爪などを作る働きもあります。
ビタミンB2も水溶性で溜め込めない栄養素のため、積極的に食品からとる必要があります。
タンパク質が豊富な食べ物に多く含まれているので、健康的な生活をしていればサプリメントなどに頼らなくても大丈夫です。

ビタミンB2が多い食べ物

レバー、うなぎ、サバなどの魚肉、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品、納豆、のり、卵、アーモンドなど

ビタミンAで新陳代謝をサポート

ビタミンAはお肌を丈夫にして、皮膚の新陳代謝を促す栄養素です。
免疫力を高める作用もあり、アクネ菌や雑菌の増殖を抑制します。
取り方としては緑黄色野菜を積極的に取りましょう。
緑黄色野菜に豊富に含まれるβカロテンは脂溶性で体内に溜め込むことができる上、健康状態に応じてビタミンAに変えることができるからです。
取りすぎや副作用の心配もなく、安心できます。
その他に動物性食品に含まれるレチノールもビタミンA補給に適しています。

ビタミンAが多い食べ物

レバー、ウナギ、ニンジン、春菊、小松菜、ニラ、かぼちゃ、ほうれん草