ニキビとお肌とタバコの関係

白く美しい肌が欲しいなら禁煙しよう

ニキビだけでなく、お肌をキレイにしたい人、美白したい人、スキンケアをきちんと考えたい人は、禁煙してください。
タバコを吸いながら、美しい肌を手に入れることは出来ません。
タバコはニキビや肌荒れを起こすだけでなく、以下のようなお肌に悪い影響を与えます。

1.タバコは肌を暗くする

タバコを吸うと、ニコチンの影響で毛細血管が収縮します。
そのため血流が悪くなり、皮膚の透明度も彩度も下がり、色が暗くなります。
タバコ1本を吸うだけで、指先の皮膚温が2℃下がると言われていますが、これは血流が悪くなったからです。

2.タバコは新陳代謝を阻害する

またタバコの悪影響は血行が悪くなることでお肌のトーンが暗くなるだけではありません。
血液の流れが阻害され、お肌の隅々にまで栄養が行きわたらない状態になるため、新陳代謝が阻害されます。
コラーゲンやヒアルロン酸の生成が滞り、肌からはツヤやハリが失われていきます。
いくらサプリメントや化粧品でコラーゲンやヒアルロン酸を補っても、失われる量の方が早いため追いつきません。

血液そのものが濁ります

またタバコを吸うと一酸化炭素が体内に取り込まれるため、血液そのものが濁ってきます。
一酸化炭素は酸素よりも血液中のヘモグロビンと強く結びついてしまうため、血液中から酸素が失われてしまうからです。
血管が収縮するだけでなく、血液中の酸素も少なくなるため、栄養がお肌に行きわたらなくなるのです。
細胞の新陳代謝が完全に阻害されることで、シミやシワがどんどん定着していきます。

3.タバコは肌老化を早める

喫煙は活性酵素を大量に発生させます。
活性酵素は体をさび付かせて老化を促進する過酸化脂質を大量に生み出すため、シミやシワ、たるみなどの皮膚の老化が進みます。
活性酵素は真皮のエラスチンも破壊するので、お肌のハリがさらに失われます。

アンチエイジング機能も破壊する

この過酸化脂質に対抗するための抗酸化物質「ビタミンC」や「βカロテン(ビタミンAにもなります)」は、タバコによって浪費されるため、体のアンチエイジング機能も無力化されてしまいます。
本来、体内のβカロテンは強力な抗酸化力で皮膚の老化を予防してくれますし、ビタミンCはコラーゲンの生成やメラニンの分解に使われるものなのです。