乾燥性敏感肌でも高保湿化粧品は必要ない!?

乾燥肌の保湿方法の勘違い

美しい肌を作るためには保湿を重視するのは当然ですよね。
特にお肌の曲がり角を迎えているアラサーからのエイジングケア化粧品では、セラミドやヒアルロン酸をたっぷり使った高保湿化粧品が大人気です。
でも、ただ保湿すればそれで良いのでしょうか?
保湿化粧品の効果に頼りすぎていて問題はないのでしょうか?
実は乾燥肌だから単純に高保湿化粧品で肌にうるおいを与えよう、というのは、スキンケアでは間違いです。
実は乾燥肌や敏感肌だからこそ、保湿化粧品でのカバーよりも洗顔の徹底と化粧水での水分補給が重要になってくるのです。

乾燥性敏感肌も洗顔が基本

エステティックサロンや化粧品売り場で、マイクロスコープやうるおいセンサーで測ってもらったところ、乾燥肌とか乾燥性の敏感肌と診断される人が増えています。
そこでついつい高級な保湿化粧品に手を出してしまう人が多いのですが、そう言う方はだいたい洗顔方法がなっていないことが多いのです。
本来、お肌には皮脂膜という天然のバリアーが存在しています。
高保湿化粧品に手を出さざるを得ないのは、このバリアーがきちんと機能していないからなのです。

皮脂は自然のバリアー

ニキビケアでは洗顔では洗わないことも問題ですが、洗い過ぎも問題になります。
それは天然の保護膜を作る皮脂を根こそぎ落としてしまうからです。
皮脂がなければ、お肌は健康な状態を保てません。
皮脂膜は皮膚のうるおいを閉じ込め、ホコリや乾燥など外部の刺激からお肌を守る2重の役割をしているからです。
洗顔はあくまでも肌表面の汚れや余分な皮脂、角質、汗を取り去るためのものです。

皮脂を残して洗いましょう

毛穴から出る皮脂や汗は汚れたものと思いがちですが、正常な状態では全く問題はありません。
両方ともお肌の状態を適切にコントロールするために出されている保護成分だからです。
そのため毎日2度の洗顔と共に、皮脂をうまくコントロールするための食生活や生活習慣の改善に取り組みましょう。
新陳代謝のリズムが回復すれば、高級な高保湿化粧品に手を出さなくても、十分うるおいのある肌をキープできますよ。
乾燥性の敏感肌の方は、まずは洗顔による皮脂コントロールからはじめて見てください。