ニキビケアで注意すべき食べ物

ニキビに良くない食べ物とは?

食事の管理は大人ニキビでも思春期ニキビでも共に大切なポイントです。
特に思春期ニキビでは油分の多い食べ物や糖分の多いお菓子やジュースなどを避けるようにしてください。
また大人ニキビでは食べる時間や栄養の偏りに注意しましょう。

思春期ニキビの注意点

早い人では小学生から、主に中学生や高校生の思春期にできるニキビは、過剰になった成長ホルモンによって皮脂の分泌が活発になっていることが原因です。
そのためそもそも皮脂の分泌が起こりにくいような食べ物を食べること、脂肪の多い食べ物は食べないことが大切になります。
ニキビの口コミや体験談を見てみても、思春期ニキビができる年頃の人たちはニキビの原因をホルモンのせいにしがちですが、食生活をコントロールするだけで状況はぐっと改善します。

脂肪は適度にコントロール

ただし脂肪分はカラダの成長に不可欠な栄養素です。
皮膚の健康的なターンオーバーに必要なビタミンAの吸収を助ける働きもあります。
そのため脂肪分を全てカットするなどといった極端な食事制限は避けてください。

動物性脂肪が多い食べ物
  • 生クリーム、ケーキ
  • チョコレート、ココア
  • 脂身が多い豚肉、ロース肉
  • チーズ、バター
  • ハム、ベーコン、ソーセージなどの肉製品
  • ナッツ

糖分の取りすぎにご注意を

ニキビが気になる方は太りすぎないようにしましょう。
余分な皮下脂肪は皮脂の分泌を促します。
またむくんだ皮膚は外からの刺激にも弱いからです。

避けるべきは炭水化物よりもお菓子です

避けるべきは糖質の多い食べ物です。
具体的には白いご飯や麺類、芋類、フルーツ、砂糖製品などです。
フルーツや砂糖の糖質は、カラダの中で容易に脂肪に変化します。
ご飯や芋類の糖質「でんぷん」は脂肪になりにくいため、そこまで気にすることはありません。

食べ過ぎは問題ですが、炭水化物は成長や健康の維持に絶対必要な栄養素なので、それ以外の食べ物でコントロールするべきです。
お菓子やケーキ、ジュースやチョコレートなどの甘いものは脂肪の観点からも、糖質の観点からも避けるべきです。
特にチョコレートやケーキは極力食べないように気をつけましょう。