面白いほどニキビが治るスキンケア方法

ニキビケア洗顔きほんのき

ニキビケア洗顔は洗いすぎに要注意!

基本となるのが、お化粧落としで行うクレンジングと、皮脂や汚れを落とすために顔を洗う洗顔の組み合わせダブル洗顔(W洗顔)です。
にきびが気になると1日に何度も洗ってしまったり、ついつい洗いすぎてしまうことがあります。
しかしこれはニキビにとって逆効果。
返ってお肌のうるおい成分やバリアーを奪って、ニキビを無防備にしてしまいます。
ここでは洗顔で注意すべきポイントを書いておきます。

洗顔は泡で洗うのが基本

ニキビは敏感で化膿しやすいために、できるだけ触れないように泡で洗うようにしましょう。
多少面倒でも、泡立てネットなどを用いて、石けんをきちんと泡立てて洗うことを徹底します。
ただし洗いすぎには要注意!
ただでさえ敏感になっているお肌の皮脂を根こそぎ奪ってしまうと、お肌が無防備になってしまいます。
この詳しい洗い方に関しては、ニキビケアの記事を参考に、別でまとめたいと思います。

1日の洗顔回数

洗顔は1日2回を基本にします。
朝起きたとき。つまりお化粧をする前と、夜寝るとき。お風呂に入ったり、クレンジングでお化粧を落とすときです。
男性で脂性肌の方は、お昼にもう一回軽く洗っても良いです。
ただし洗顔後の化粧水や美容液などでのスキンケアは徹底してください。

髪の毛刺激にご注意を

洗顔後も洗顔中も、ニキビが出来ている部位に髪の毛がかからないようにしましょう。
髪の毛は脂やほこりで常に汚れていますし、ニキビに触れることで刺激してしまいます。
洗顔料がすすぎきれずに残ることもよくあります。
少しでもかかるようなら髪型を変えることをおすすめします。

洗顔料は洗顔フォームよりも石鹸が良い

クレンジング後に顔を洗うときには、洗顔フォームではなく、洗顔石けんを利用することをおすすめします。
洗顔フォームよりも洗顔石鹸が良い理由は、洗顔フォームは合成界面活性剤が入っていることが多いから。
購入前に必ず成分を確認しましょう。

洗顔には殺菌作用を持つ薬用石けんを使った方が良いでしょう。
個人的にはピーリング石鹸がおすすめです。
確実なのはニキビケア専用の薬用石けん、ピーリング石けんを利用することだと覚えておきましょう。

最新投稿